この本、探しています!(本の探偵団)

131155
あなたが探している本を書込んでいただく掲示板です。長年探している本、どうしても見つからない本等など、本の探偵団があなたに変ってお探しします。書名しかわからない、作者しかわからない、こんな内容だった等など、探している本について書込んでください。本の探偵、募集中!  情報お待ちしております。

1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - hiro

2018/02/11 (Sun) 00:29:15

母が買ってくれた全集の中の作品ですが、タイトルも作者もわかりません。内容は「ゆきの女王」に似ています。覚えているのは、主人公が大好きな男の子(王子?)を助けにいくときに、旅の途中で手に入れたスープ用の骨を一本落としたこと。幽閉された王子のもとへガラスの山をよじ登るとき骨が足りず、自分の指を一本切って梯子にして辿り着いたこと。とても感動しました。この本を読んだ方、シリーズ本のタイトルをご存知の方…いらっしゃいませんか❓

Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - みつばち

2018/02/11 (Sun) 11:43:03

グリム童話集にある「七羽のからす」ではないでしょうか。
いろいろな全集に入っていますので特定するのが難しいですが・・全部で何巻くらいあったか、他にどんな話が入っていたか(グリムだけで1冊になっていたか、その他のものも混ざっていたか)など、もう少し手がかりがあればと思います。

Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - かぼちゃ

2018/02/11 (Sun) 15:05:33

みつばちさんの投稿をもとに検索してみました

七羽のからすが収録されていて1967年(昭和42年)までに出版されたもの
http://webcatplus.nii.ac.jp/pro/?q=%E4%B8%83%E7%BE%BD%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%99&t=&ps=&pe=1967&m=b&c=&i=&r=&p=&a=&l=&n=50&o=yd&lang=ja

一番上のものが年代的にもピタリですが、文庫サイズ(16cm)でしたか?

Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - みつばち

2018/02/11 (Sun) 15:36:13

こちらも可能性ありかなと思います。
・講談社「世界の童話」全12巻の2
・あかね書房「バンベルガー世界童話の本」全3巻の3

Re: Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - hiro

2018/02/11 (Sun) 19:43:28

こんなに早く返信していただけるなんて感激です。文庫本サイズではなく、A4縦サイズくらい、記憶違いでなければ黄金色の表紙。シリーズは何巻…詳しくは覚えてなくて、本篇のすぐ後に「あとがき」のような解説があって、それを読んで深く理解しようとしてました。

Re: Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - hiro

2018/02/11 (Sun) 20:28:36

ありがとうございます!世界の童話集…かもしれない、探してみます。

Re: Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - hiro

2018/02/12 (Mon) 05:32:29

みつばちさん。7羽のカラスのあらすじを確認したのですが、やはり違う作品のようです。😢小学1年か2年で読んだのですが、ガラスの山を登る少女の挿絵があった気がします。真実の愛はこういうものなんだ、と感心した記憶があります。

Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - ゆず

2018/02/14 (Wed) 10:22:41

「ガラスの山」昔話をグリムが出版した物だと思います。

1968年 小学館
カラー版幼年世界文学 6
http://rihei-shobou.info/j4c-085.html

1963年 小学館
幼年世界名作文学全集 11
https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0311/users/0/8/7/5/jaragaraga197-img640x480-15110780025htwni4420.jpg

1958年 東京創元社
きいろの童話集
ラング世界童話集 第4巻
http://www.tsogen.co.jp/images/cover_image_l/03841.jpg

1963年 ポプラ社
「ながい鼻の小人」 
ラング世界童話全集 1
そらいろの童話集

に収録されています。
http://3.bp.blogspot.com/-jHPOoBkG1_w/UjkzPIEQQzI/AAAAAAAAAmE/Kw4Nr8OWS6A/s1600/20018e.jpg


「ガラスの山」のあらすじ、バリエーションは個人の方のブログが詳しいですよ。
http://ushibus-ohanashi.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-e4f2.html

Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - みつばち

2018/02/15 (Thu) 11:48:09

ラングの童話集に入っている「ガラスの山」は主人公が若者でお姫様を救出に行く話だったと思うのですが、逆バージョンもあるのでしょうか。
鶏の足(または自分の小指)を、ガラスの山に入る鍵として使うのと、ガラスの山を登るための道具として使うのと、それも2通りあるのですね。

Re: Re: 1967年頃児童書のシリーズの中の作品 - hiro

2018/02/16 (Fri) 01:43:58

ありがとうございます♥きょうきいろの童話集を借りて読みましたがやはり違うようです。ブログを書いている方のお話にあるように様々なパターンのお話があるようですね。神保町にでも行けば現物の本が見つかるかなあ。スープを作っている魔女だかおばあさんが「これを持ってお行き」と言ったときに、これは何か大事なことに使うんだなあ、と思い読み進めたのを覚えてます。しかし、皆さんよくご存知ですね。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.